カラー

染め方と仕上がりにこだわった施術を

お客様の髪の健康状態、仕上がりにできるだけ配慮したカラーメニューをご提案しています。髪に色をしっかり付けるために、髪のキューティクルを開いて内部に色を浸透させる薬剤を使うと、髪や頭皮に多大なダメージを与える可能性が高いのです。そこで、ダメージの少ない薬剤やダメージケアメニューをご提案します。
< 12 >

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG

「外国人のような髪色に憧れる」「おしゃれに仕上げてほしい」など、多様なカラーのご要望にしっかりとお応えできるように尽力しています。日本人の髪色は外国人と比べて暗めであるため、明るく染めても透明感が出ないことがあります。しかし、ブリーチをすると髪のダメージが気になるため、ブリーチしなくても透明感を引き出せると話題の薬剤を使ったメニューもご用意しています。また、髪を部分的に染めて洗練された印象に仕上げるハイライトなど、薬剤や染め方にこだわり納得いく髪色や仕上がりを実現できるよう尽力します。